その他

YouTubeの文字起こしは違法でした

https://narupopo.com

以前このブログでYouTubeの文字起こし記事を書いていました。

時間を取れない方が、文字でサッと見でき、尚且つYouTubeの動画にも興味が湧く!

これぞ皆win-win!画期的な発明をしたなと自分で感じていました。

公開もしていたのですが…

 

あるサイトが目に止まり、YouTube文字起こし記事は即消しました。

 

完全に著作権違法の翻案にあたり、アウトという事でした。

 

知らず知らずに法を犯している場合もあります。

スポンサーリンク

YouTubeの文字起こしは翻案権違法

翻案権とは

元の著作権のストーリ性を変えることなく、具体的な表現を変えること。

アイデアは保護せず表現を保護するもの。

Weblio辞書より

 

ユレイ
わ、分かりますか?

 

具体的な違法になるパターン

動画の紹介をする場合

基本的に動画を文章で紹介する行為は翻案にあたる可能性が非常に高いと言います。

ココに注意

「映画のあらすじ紹介サイト」などはアウト

動画を複製(スクショ・キャプチャ)する行為は完全にアウトです。

 

大丈夫な場合

映画の批評をするサイトの場合はOKということです。

そして、批評サイトで画像を『引用』として使う場合はセーフになる場合を多いようです。

 

引用の定義として、この映画・動画を紹介したいからと画像使う場合は引用と考えられると見られます。

 

TV番組・ラジオ・動画・YouTubeの文字起こし

動画を見なくても内容が分かるような文字起こしの場合はアウトでした。

無許諾で行った場合、複製・翻案にあたります。

ラジオの一部程度を文字起こしする時もアウトになります。

 

さらに詳しく

因みに…海外記事を無許諾で翻訳した場合も著作権侵害になります。

 

他の人もやってたし~いいじゃん。と言う気になっていても、違法は違法です。

知らなかったでは、遅いのです。

自分で違法と気づいてよかったです!

 

この記事は

を参考にしました。

 

Googleでも著作権について書いてあるので、目を通して見てください。

YouTubeの文字起こしをして、訴えられる前にきづいてよかったです。

著作権はしっかり理解しとかないといけないですね。

なる
反省しました。

スポンサーリンク

-その他

Copyright© なるの推しかつ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.