Straykids(スキズ)

【悲報】Stray Kids・ヒョンジンのAOTMが消される…

10月16日に『Artist Of The Month』のStray Kids・ヒョンジンのダンス動画が消されていました。

ヒョンジンのダンスが凄い!
【Stray Kids】ヒョンジンのダンスがヤバい…『Artist Of The Month』でパフォーマンス披露

『Artist Of The Month』とは、「STUDIO CHOOM」のYouTubeチャンネルにて、ダンスに優れたアーティストを呼びパフォーマンスを披露するスペシャルコンテンツです。インタビュ ...

続きを見る

「Warner Chappell」という団体が著作権侵害の申し立てをおこなったようです。

何故このような事態になってしまったのか…

Stray Kids・ヒョンジンのAOTMが消された原因

このワーナー・ミュージック・グループ傘下の「Warner Chappell」という団体、ググってみるとYouTubeで大量の著作権侵害違反報告を行っており、著作者から許可を得ていた場合でもおかまいなし。その動画で稼いだ分の広告収入を搾取する目的だそうです。

過去の事例で誕生日の定番ソング『ハッピーバースデートゥーユー』にも申し立てをしています。

その他にも、「Warner Chappell」はどうかは分かりませんが、著作権を持っていないのに著作権をもっていると主張する詐欺団体もあるのでYouTube動画に音楽を使うときはよく注意してください。

YouTube側に著作権侵害異議をとなえれば撤回される場合もありますが、色々手続きがあり時間がかかるそうです。

 

今回実際に使用されていた楽曲が無断使用の場合は、運営している「STUDIO CHOOM」側の責任だとは思います。が、『Artist Of The Month』のためにどれだけヒョンジンが頑張ってきたのかを考えたらため息しかでません…

なる
無断使用だった場合、今まで「STUDIO CHOOM」よく何もなかったな?と思うし…詐欺申し立てならヒョンジンの動画によくも目をつけやがって…と思うし…とりあえず早く何らかの対応や報告をして欲しいところ

気軽に投稿できるYouTubeなどの各SNSが普及したことで著作権侵害が目立つようになり著作者側を守らないといけないのは分かります。しかし、著作権を守り正しい使い方をしているクリエイターが搾取されなければならない理由にはなりません。

※11月11日にすぐ動画は復活!すぐ復活したってことは虚偽の著作権侵害主張?本当ナゾ。

スポンサーリンク

関連記事

-Straykids(スキズ)
-,

Copyright© なるの推しかつ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.