イチナナライブ(ライブ配信)

【イチナナ】ライブ配信で必要なネット環境は?

ライブ配信するなら光回線一択!

今の時代Wi-Fiがないと生きていけませんよね。

ライブ配信をみてると、月50Gは使います。

ちゃんとしたネットi環境がないと配信する側も、見ている側もストレスになってしまうので整えましょう。

 

無線LANと有線どっちがいいの?

工事不要の無線LAN。

持ち運び出来るタイプもあるので、わざわざ工事せずに無線LANでいいや。

となるのは分かりますが、どうしても無線LANで配信していると通信状況が不安定になる場合が多いです。

場所と混雑状況に影響されるので、ライブ配信を本格的にしようと思っている人は絶対に光回線などの有線をつないだ方がいいでしょう。

 

なる
ライブ配信するなら絶対有線一択!!!

 

光回線(有線)の選び方

光回線を選ぶときは、キャンペーン中を狙って、自分のスマホと同じプロバイダを選ぶといいです。

割引が効くので安くなります。

詳しくはコチラのサイトが参考になるかと思います。

サリー
格安スマホの方におすすめの光回線も書いてあります。

 

リスナーも有線の方がいいの?

ライブ配信を見るだけなら無線LANでもなんとかいけます。

PCを開きながら、イチナナも見れています。

しかし、夜の時間帯はイチナナもWi-Fiも混雑しているのかカクつきや遅れが…

ストレス無くライブ配信を見たいなら有線がおすすめです。

 

無線LANでも大丈夫だよって方は、WiMAXをおすすめします。

なる
理由は実際に使っているから!

 

注意ポイント

クレジットカードを持っていない方はおすすめしません。口座振込にしたら凄くお金がかかる為です。3万ほど初期費用に使いました…

なる
時間がなかったので渋々払いました…

クレジットカードがあるとWeb割がきくので無料です。

 

WiMAXを使ってみての感想

イチナナは夜の時間帯はカクつきがみられることもあります。

YouTubeは夜の時間帯も普通に見れます。

電子レンジを使うと通信が不安定になります。(600W)

WiMAXは通信無制限のプランがありますが、注意書きには制限しますと書いてあるので、騙されないでください。

直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃 (2017年2月時点)にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。 ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。

https://wimax-broad.jp/price/

しかし、リッセトしたら制限は解かれるので無制限と言っちゃえば無制限です。

いちいちリセットを押すのがめんどくさいなと思うこともよくあります。

 

デメリットもありますが、1日スマホをイジっていたらこう思うこともあるよ。ってわけで、むしろ凄くWi-Fiを使っているのにこのくらいのデメリットで済むんだ~思います。

ライバーは光回線!

リスナーは光回線or無線LAN!

 

 

また5Gが出てきたら通信状況も変わりそうです。

ストレスフリーなライブ配信を目指しましょう!

-イチナナライブ(ライブ配信)

Copyright© なるの推しかつ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.